第1日目 12月12日(土)

9:30 受付開始[2階ホール]

10:00〜12:30 自由報告部会(第1日目午前)

第1部会 メディア・文化〔3号館202〕
司会:角田 隆一(横浜市立大学)
  1. 1950年代及び60年代における東宝サラリーマン映画のメディア史的研究〔PP〕
    谷原 吏(慶應義塾大学)
  2. 逆行のメディア論序説――発信すべきは、開かれたネットか、選ばれたマスコミにおいてか
    前田 益尚(近畿大学)
  3. ピースサインという自意識――「写る文化」の変曲点の史的検討〔PP〕
    毛里 裕一
  4. 銀行員の働きすぎの分析
    前島 賢土(獨協大学)

第2部会 国家・移民・労働〔3号館205〕
司会:樽本 英樹(早稲田大学)
  1. サッカー専門誌に見られるステレオタイプー―他国ナショナル・チームのプレースタイル言説に着目して〔PP〕
    笹生 心太(東京女子体育大学)
  2. 現代ナショナリズム研究のための理論的視座の構築――メディア技術の変容に注目して〔PP〕
    新倉 貴仁(成城大学)
  3. 非正規移民をめぐる「不法インフラ」――何が「不法性」を維持させるのか〔PP〕
    加藤 丈太郎(早稲田大学/日本学術振興会)
  4. 若者自立支援に関する日本と韓国の研究動向〔PP〕
    朴 貞仁(明治大学)

第3部会:セクシュアリティ〔3号館206〕
司会:三部 倫子(石川県立看護大学)
  1. セクシュアルマイノリティのパレードにおける集合的アイデンティティの問題――北海道札幌市における初期のパレードを事例に〔PP〕
    斉藤 巧弥(北海道大学)
  2. トランスジェンダー者によるカテゴリーを介した自己呈示――カミングアウトをめぐる語りから
    武内 今日子(東京大学)
  3. ポルノを「異なる見方」に開く――AVを「女性向け」に編集する動画サイトに着目して
    服部 恵典(東京大学)
  4. 「多様な家族」から婚姻平等へ――台湾における同性婚の制度化をめぐるポリティクス〔PP〕
    福永 玄弥(東京大学)
  5. 「LGBTフレンドリー」な医療へ――中国における性的少数者運動による医療制度への介入〔PP〕
    郭 立夫(東京大学)

12:30〜13:30 テーマ部会A打ち合わせ〔3号館212〕

テーマ部会A
「理論というフィールド=ワーク」

13:30〜17:00 テーマ部会A(第1日目午後)〔3号館205〕

テーマ部会A「理論というフィールド=ワーク」

※関東社会学会ニュースNo.155(2020年11月発行予定)の発行に準じて掲載します。

17:15〜18:00 総会〔3号館212〕


第2日目 12月13日(日)

9:30 受付開始 受付開始[2階ホール]

10:00〜12:30 自由報告部会(第2日目午前)

第4部会 都市・地域〔3号館202〕
司会:山本 薫子(東京都立大学)
  1. 超高層複合ビルにおける「集まり」の様相――再開発以降の都心地域を物質―社会過程として記述する〔PP〕
    栗原 真史(一橋大学)
  2. 首都圏における格差の空間構造〔PP〕
    平原 幸輝(早稲田大学)
  3. 都市の祭りとコミュニティの防災活動――博多祇園山笠を例に
    金 思穎(専修大学)
  4. 地域コミュニティにおける「共存共栄の在り方」と「地域の価値」――平塚市吉沢地域コミュニティの事例分析を通じて〔PP〕
    小田 洋彰

第5部会 歴史〔3号館205〕
司会:加藤 裕治(静岡文化芸術大学)
  1. 明治初期日本における公衆衛生の形成過程に関する一考察――小新聞上の啓蒙の言説に着目して〔PP〕
    宮前 健太郎(筑波大学)
  2. 学校給食の黎明期における栄養学的啓蒙と食物教育――1920〜1930年代における栄養学の「実践活動」に着目して〔PP〕
    佐藤 知菜(筑波大学)
  3. スポーツボランティアの構築過程に関する社会運動論的アプローチの検討――1998年長野オリンピックの招致・準備・開催・レガシーを事例に〔PP〕
    都築 則彦(千葉大学)
  4. 査読誌に論文を掲載するためには何が必要か〔PP〕
    齋藤 圭介(岡山大学)

第6部会 理論〔3号館206〕
司会:浅野 智彦(東京学芸大学)
  1. 道徳性の増進(moral enhancement)は社会関係をどう変えるか〔PP〕
    堀内 進之介(東京都立大学)
  2. モビリティーズ研究における人工知能――運転補助技術の分析をとおして〔PP〕
    根岸 海馬(法政大学)
  3. 「定量化された自己」における「自己への配慮」
    塚越 健司(拓殖大学)
  4. 「心の闇」と少年犯罪――コミュニケーションと感情の様式に着目して
    赤羽 由起夫(和光大学)
  5. 「モノ語りの人びと」再考〔PP〕
    早川 黎(一橋大学)

12:30〜13:30 テーマ部会B打ち合わせ〔3号館203〕

テーマ部会B
「ワークショップ時代の統治と社会記述」

13:30〜17:00 テーマ部会B(第2日目午後)〔3号館206〕

テーマ部会B「ワークショップ時代の統治と社会記述」

※関東社会学会ニュースNo.155(2020年11月発行予定)の発行に準じて掲載します。