HOME > 年次大会
年次大会
次回大会のご案内 :2024.6.15-16(明治学院大学)

次回大会は、明治学院大学にて6月15日(土)・16日(日)(予定)に開催いたします。

目次

  1. 第72回大会開催のご挨拶
  2. 第72回大会の開催に向けて
  3. 第72回関東社会学会大会プログラム
  4. テーマ部会要旨・概要

本大会に参加する方は、以下の「参加登録・参加費支払い」ボタンのリンク先をご覧の上2024年【6月13日(木)10:00(厳守)】までに「第72回関東社会学会大会参加登録システム」から必ず参加登録をしてください。

参加登録・参加費支払い


▲このページのトップへ
第72回大会のごあいさつ

2024年の関東社会学会第72回大会は、明治学院大学(白金キャンパス 東京都港区白金台)にてお引き受けします。
大会実行委員長は柘植(つげ)あづみ、開催校理事は元森絵里子、本学会の会員である社会学部社会学科と社会福祉学科の教員が協力して準備を進めてまいります。
過去にお引き受けしたのが、1962年の第10回大会と、1997年の第45回大会でしたので、27年ぶりになります。その間、日本社会も大学も、さまざまな難問に直面し、それを乗り越えるべく藻掻かなければならない時代へと変化してきました。社会学という学問の可能性に期待をもてるような大会にしたいと思っています。
白金キャンパスは、品川駅と目黒駅から正門前までバスで10分以内、地下鉄の白金台駅、高輪台駅、白金高輪駅出口からいずれも徒歩10分以内、あるいはJR高輪ゲートウェイ駅から急坂を上っていただくという新ルートもできて、交通は便利なところにあります。ただ、近隣に飲食店が少なく、ご不便をおかけするかもしれません。
会場となるキャンパスは狭いですが、それを活かして議論と交流を深められる大会を目指します。ご参加をお待ちしています。

大会実行委員長 柘植あづみ

▲このページのトップへ
第72回大会の開催に向けて

第72回大会は、6月15日(土)・16日(日)(予定)に、明治学院大学で開催されます。開催の労をお取りくださる明治学院大学の会員・スタッフの皆さまには、心より御礼申し上げます。

大会は、第1日午後と第2日午前に自由報告部会が、また第2日午後にテーマ部会が予定されております。今号ニュースにおいて自由報告部会の報告者募集を行いますので、募集要領を熟読のうえ、「自由報告Web申し込みページ」を通じてお申し込みください。なお、今大会ではテーマセッションの企画はありません。

第2日午後のテーマ部会については、テーマ部会A「科学技術革新による社会再編の可能性:AI・情報技術のインパクト」ならびにテーマ部会B「「社会規範」の〈変化〉をどう捉えるか?」という2つの部会を開催いたします。

テーマ部会と連動した例会は、第1回(テーマ部会A)を3月2日(土)14:00からZOOMによるオンライン形式にて、第2回(テーマ部会B)を3月16日(土)14:00から東京大学本郷キャンパスにて対面形式で開催いたします。詳しくは本号ニュース掲載の「研究例会のご案内」をご覧ください。例会、大会とも盛会となり、活発な議論が繰り広げられることを心より願っております。

香川 めい(研究委員会委員長)

▲このページのトップへ